「国会開き増税中止を」日本共産党京都市会議員団は三条河原町で街頭宣伝

くらた共子市会議員は、「10%への増税となれば、京都経済を支える中小零細企業や伝統産業への影響は計り知れません…」と訴えました京都民報記事より

「国会開き増税中止を」9月22日京都民報記事より
 
9月21日 市政報告「検証京都市政は今〜市民のくらしと京都のまち〜」

9月20日 市議会として「消費税10%増税に反対の表明を!」

Topics2019年バックナンバー


MBSミント yahooニュースより
京都市内に急増する簡易宿所。
MBSミント「真相R」で京都市内で急増する簡易宿所問題が取り上げられました。

2018-9月 簡易宿所に関連して
6日 議員団で調査を行っています。
「民泊」実態調査に取組みました。京都のまちは明らかに変容し市民生活への悪影響と文化的損失は看過できない状況

「議会と自治体 第238号」に掲載 PDFで紹介
 くらた記事「暮らしの安心と宿泊者の安全の確保をめざして」

2018年度京都市政報告・予算要求懇談会を実施2月23日

以前の民泊関連記事 >>>


     >>>
 


     >>>


Topics2018年バックナンバー
Topics2017年バックナンバー
 及び 二条城東側空間整備基本計画関連記事

Topics2016年バックナンバー
Topics2015年バックナンバー

トピックス2013年 トピックス2012年 トピックス2011年 トピックス2010年 トピックス2009年 トピックス2008年 トピックス2007年 トピックス2006年以前

      

 
 
   
ご意見・ご要望・ご感想等 お寄せください
 
https://www.jcp.or.jp/supporter/
「JCPサポーター」会員登録が開始。日本共産党をバッチリ応援したい人も、チョッピリ応援したい人も気軽に登録でき自由に関わっていただけます。
2010年1月〜8月までのメールマガジンを掲載 。
メルマガ集の小冊子を発行
Copyright(c)2006  t-kurata-office  All Right Reserved
上京区選出 京都市会議員 くらた共子 事務所

上京区千本出水通り下ル十四軒町393-2 TEL 813-2117
  

14日「消費税10%増税の反動がきている…」
運動会場を廻る中、切実な声が寄せられます。

日本共産党は消費税5%に減税することを提案し行動しています。 その分の財源は大金持ちの方々に求めればよいのです。

14日 台風19号でお亡くなりになられた方々を悼み被災地の一日も早い復興を願います。
13・14日昨日、今日地域の運動会場を廻りました。

グランドコンディションにより中止となったところもありましたが負傷者を出さない判断はとても大事です。


11日京都市会決算特別委員会の局別質疑を終えて市長総括質疑の準備をしています。

社会保障のさらなる改悪か消費税の再増税か、あるいは両方か。
こんな議論に終始するのが安倍首相が議長を務める「全世代型社会保障検討会議」です。

超富裕層に負担を求める話はみじんもなく行きづまりも極まれり。

7日 簡易宿所は下火に非ず
「父親を看取った家を守りたい。一時引っ越しを考えたが諦められない」と悲痛な声が寄せられました。

町内住民所有の住宅がゲストハウスとして活用される計画。 所有者に市条例をどう守るか質問しても肝心なことに答えがないとの訴えです。 力になりたいと思います。

5日 関西広域連合議会、
総務常任委員会で「第4期広域計画」について質疑し「原発マネー還流疑惑は重大。関西電力による高浜原発再稼働は断じて認められない、広域連合として廃炉を求め、国に対しても指導するよう働きかける必要がある」と求めました。
(…連合長は欠席のため直接答弁を得られず)

3日 関西電力原発マネー還流問題。
関西電力側は10月8日西脇京都府知事、門川京都市長に説明を行うとのこと。
知事、市長が原発止めよと発言するか注目したい。

1日 消費税増税強行に抗議!
市役所前集会に参加、 5%に引き下げさせよう


 
28日 京都のまちの再生を考える
懇談会に30人超えるみなさんが集まり運動の取り組みを交流。

京都の政治、ここがおかしい!
私たちの大切な暮らし、次世代に引き継げるよう 力を合わせましょう


京都のまちの再生を考える…
住み慣れたこの地に 安心して暮らしたい… かけがえのない歴史的遺産と自然 そこに流れる時間と空気。

これらを抱きしめて次世代に みなさんのお話の端々に 「京都が京都でなくなる」 危機感が漂う

1日 門川京都市長、「市民生活との調和を優先しない宿泊施設は控えていただきたい」…と仰るなら 条例で規制するしかありません。

まずは、現条例の脱法的、潜脱行為を認めないことです。

1日早朝、党議員団は自治体要求連絡会 市役所前宣伝に参加し挨拶しました。