新型コロナ対策の各種制度について、新たな制度を追加しました。 市会議員団 15日

9月22日 京都市上京区出町枡形にて。

こくた恵二衆議院議員 くらた共子市会議員
安倍政治の継承NO! 野党の結束で自公政権にかわる
国民のための新しい政治を


27日本日、烏丸今出川にて朝の宣伝を行いました。

今週の月曜日は府庁東門前 火曜日は千本今出川、水曜日は堀川下立売、明日は堀川今出川で宣伝します。
火曜日から金曜日は定例で行わせていただいています。
界隈のみなさんには大変お世話になり ますが、ひきつづきご協力をお願いいたします。
 

27日 新型コロナウイルス感染症の拡大を抑止するため、防疫を目的とした大規模なPCR 検査の実施を求める緊急申し入れ


 28日 市民のいのちと暮らしを守る緊急申し入れ
 申し入れ書



20日、河原町今出川にて。 京極・春日・室町支部後援会のみなさんと一緒に宣伝しました。

臨時国会開けの声をあげましょう


左京区選出 とがし豊議員ホームページ紹介
 日々の活動日誌・お知らせなど詳細に紹介されています。
  


検査対象の拡大を-「新型コロナ対策にかんする緊急申し入れ」届け懇談 7月31日
被爆75年 核兵器廃絶へ進む??
新型コロナウイルス対策に武器は役にたちません。
あらゆる科学技術を いのちを救うために使う ここに政治の責任があります。


2020年 5月市会  くらた共子議員の代表質問 YouTube
 

本会議代表質問コロナ対策。
市長の答弁「PCR検査体制を拡充する」「1ヶ所に集約した保健所を元の各行政区に戻すことは考えていない」感染防護備品の供給については副市長「マッチングサイトで適正価格による調達と中小企業の技術を生かす取組」「医療、介護事業所、従事者には基金、寄付で対応」
本会議代表質問2 国保料の減免について、保健福祉局長が「1ヶ月の減収で判断し手続きは郵送を基本とする」と答弁  感染症対策を理由に介護認定審査会が開かれていないことを指摘しWeb会議等の検討を求めたが「国の事務連絡に基づいた臨時的なもの。審査委員推薦団体も理解」などと。
本会議代表質問3 高等教育無償化プロジェクトFREEの調査で5人に1人の学生(京都は4人に1人)が退学を考えている実態を示し学生が休学したり退学することのないよう支援をと求めた。 副市長「臨時職員で70名、部活支援の学生100名募集」とした一方「奨学金や学費引下げは全国の課題」と。
本会議代表質問4 西陣産地問題で織機メンテナンス職人の後継者育成と部品調達、供給の仕組みを早急に検討し実現を図れ、後がない、と求めたのに対し産業観光局長が「機料点のノウハウを途切れさせないため西陣織工業組合と共に後継者育成、道具類の代替品開発を進めている」と答弁しました。


日本共産党京都市会議員団  7月21日
 
新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた緊急申し入れを提出!
日本共産党京都市会議員団 コロナ対策・各種制度について 最新版!
日本共産党京都市会議員団は、7月17日、7月特別市会の論戦の到達や市政の評価をまとめた【声明】「7月特別市会を終えて」を発表しました。
新型コロナ対策で、第5次申入れ。 お困りごと相談。

子どもたちの学び、心身のケア、安全を保障するために
 学校再開にあたっての緊急提言
   20
20年6月2日 日本共産党
 

 Topics2020年バックナンバー
 Topics2019年バックナンバー




MBSミント yahooニュースより
京都市内に急増する簡易宿所。
MBSミント「真相R」で京都市内で急増する簡易宿所問題が取り上げられました。

2018-9月 簡易宿所に関連して
6日 議員団で調査を行っています。
「民泊」実態調査に取組みました。京都のまちは明らかに変容し市民生活への悪影響と文化的損失は看過できない状況

「議会と自治体 第238号」に掲載 PDFで紹介
 くらた記事「暮らしの安心と宿泊者の安全の確保をめざして」

2018年度京都市政報告・予算要求懇談会を実施2月23日

以前の民泊関連記事 >>>


     >>>
 


     >>>


Topics2018年バックナンバー
Topics2017年バックナンバー
 及び 二条城東側空間整備基本計画関連記事

Topics2016年バックナンバー
Topics2015年バックナンバー

トピックス2013年 トピックス2012年 トピックス2011年 トピックス2010年 トピックス2009年 トピックス2008年 トピックス2007年 トピックス2006年以前

      

 
 
   
ご意見・ご要望・ご感想等 お寄せください
 
https://www.jcp.or.jp/supporter/
「JCPサポーター」会員登録が開始。日本共産党をバッチリ応援したい人も、チョッピリ応援したい人も気軽に登録でき自由に関わっていただけます。
2010年1月〜8月までのメールマガジンを掲載 。
メルマガ集の小冊子を発行
Copyright(c)2006  t-kurata-office  All Right Reserved
上京区選出 京都市会議員 くらた共子 事務所

上京区千本出水通り下ル十四軒町393-2 TEL 813-2117
  

9月22日
連休の最終日、地域のつどいに参加し市政と国政の関係や、京都市行財政審議会の問題などについてお話させていただきました。

正午過ぎには出町枡形でこくた恵二衆議院議員と宣伝、商店街のみなさんの激励に廻りました

消費税減税 は切実な願いです。
政治を変えて暮らしと営業を 守ろう

9月22日
ホントに、京都市は住民と十分に協議し仁和寺門前の上質宿泊施設建設の合意を得ていると断言してきました。
しかし住民の訪問聞き取り調査の結果は真逆であることが証明されています。ウソはアカン!

9月19日
ぜひ、多くのみなさんにご参加頂きたいです。

私は地元での学生のみなさんへの食材提供支援の取り組みに参加した後に駆けつける予定です〜。

9月18日
貧困、孤立が広がっている
急げ、セーフティネット!
今朝の定例宣伝時に自宅死の情報が寄せられました。

60歳代の方が家賃の支払いに困窮し自死されたとのこと。

相談を受けることができていたなら自死を防ぐことができたのに…。 本当に悔しい。
地域で呼びかけよう 一人で悩まないて…。

9月17日
毎日、暮らしの相談が寄せられています。
今ある制度を活用頂き希望の持てる政治への転換に力を合わせましょう

9月15日
家族の転院にかかわる相談が寄せられています。
京都市内の病院入院中の兄弟を転勤先の身近な病院に転院させたい〜と 仰る方。

家族を思うやさしさに胸を打たれました。
相談者が転勤された県の民医連事務局と連携し病院関係者と相談させて頂きました。

早速、相談者家族と面談フォローされ感謝。

9月13日
3度目のグランドスラム制覇 おめでとう 大坂なおみ
貴女の勇気と努力 そしてチームに拍手!

9月12日
京都の未来は地域住民の粘りづよい調査、運動と論戦力にかかっている

9月12日
厚生労働省担当者は 「加齢性難聴と認知症の相関を裏づけるエビデンス」が必要と述べていました。

認知症はともかく生活行動が制限されること自体が健康上の大きな問題です。

9月12日
京都こども文化会館
閉館はさみしい…
これが北野商店街の思いです。

知事と市長が廃止を決定した日はいつか?
京都市は5月14日発表日としているが決定文書は存在しない。

市民が求める公聴会も開かす 廃止決定プロセスも不透明。

跡地取得の噂ばかりが先行する!
これでいいのか京都!

9月12日
関西広域連合議会産業環境委員会にて。
私の質問、要望趣旨2点
@消費税の凍結及び減税を国に求めよ。
A関西電力高浜原発に重要免震棟なし。
高浜3号機、大飯3号機で不具合判明。
コロナ禍の重複災害避ける対策を。 ホント再稼働じゃなく廃炉計画こそ必要です!
再生可能エネルギーにスイッチ!

9月12日
月給から5万円の奨学金返済、家賃払えば最低生活費を割り込む生活…。
青年の実態も国民の暮らしも顧みない本性が顕です!

9月9日
9日京都市会教育福祉委員会にて。

「ひきこもり支援」について質疑。
京都市が把握している相談者数は推計数の1、7%。

肝心なのは支援の継続性で相談窓口は区役所はじめ市民のより身近なところに設けるべき。

いじめ、不登校、ブラック企業、貧困などひきこもりの原因解消の目標設定をと求めた。

9月5日
介護報酬2021年度改定について。

介護職員の賃金改善は喫緊の課題
です。
一方、その解決を一律に保険料や介護利用料に連動させることは認められません。

2000年に導入された介護保険制度は介護を社会化し、誰もが必要なサービスを選べると謳
ったはずです。 しかしいま、低所得者は選べません!
9月5日
全米3年連続ベスト16!
テニス以上に大切なこと…と 黒人男性に対する米国警官の銃殺事件に抗議したosaka naomi その心の傷みと怒りが感動を呼んでいます。

人種差別をなくす… 彼女のプレーには社会的使命を帯びた強さが加わったと思います。

9月4日
認知症の方のご家族より
「本人がコロナに感染したらどこに入院するのか?家族が感染して治療が必要になったら認知症のひとはどこで生活するのか?」

医療関係者から「認知症の方の感染症ケアは難しい」との指摘があります。

専門的に対応する医療体制、家族が入院する際の緊急ショートステイは必須

9月4日
病院から在宅へ。
ベッド入って助かった〜とお礼の電話を頂きました。

偶然、挨拶を交わしたところ「夫が手術して退院してきたがベッドなし和式トイレで難儀。 自分も介護に疲れて目眩がする…」との訴え。

地域包括支援センターに連絡しベッド設置等を依頼しました。 なぜ退院前準備できない?

8月30日
酷暑の京、地域を歩けば…。
西陣産地の出口と入り口 素材としての西陣織物を世界に通用するブランドに

製造過程の技術確保、商品開発と流通ルールの確立、創造性が発揮できる産地協議会の設置を提案したい。

8月30日
酷暑の京、地域を歩けば…。
朝からクーラーつけなあかん、こんな夏は初めて…。
電気代がかかる分、おかずを減らさんなん…。
ろう路に暮らす住民の声です。

市民の命と暮らしを守れ
臨時国会を開け

8月30日
個人事業主でもなくフリーランスでもない…。
ホテル関係の特殊な清掃業務を請負ってきた方の相談より。
コロナ禍で仕事が激減。
社協の緊急小口資金貸付、社会保険料の減免手続きは済。

しかし持続化給付金の対象にはならない。
滞納家賃の支払い、今後の仕事の目処たたず…。

8月27日
関西広域連合議会 一般質問より。

防疫を目的としたPCR検査体制の拡充、医療機関の減収補填、1クラス20人程度規模のクラス編成は喫緊の課題です。

小学校の教室は机と机の間が80cmしか空けられていない〜調査結果をもとに改善を迫れと求めた。

連合長は国に積極的に提案したいと答弁。

8月27日
日本共産党京都市会議員団は今朝、 市長に防疫を目的とした大規模なRCR検査の実施を求める緊急申し入れを行いました(第6次)。

危機管理監は体制が課題と応じました。

8月26日
クーラーは生活必需
本日、京都市上京区役所に区内の生活保護世帯におけるクーラー未設置の実態について示してほしいと要求し担当者は資料作成し提出すると回答。

クーラーがあっても故障していたり、電気代を気にして使用されていない情報も寄せられます。
市長は市民の命を守るべし。

 

8月23日
コロナ禍の京、地域を歩けば…。
猛暑の中、ご苦労様です。


各地の地蔵盆も お参りの行事にとどめて こども達のお数珠回しも みられません。

それでも、地域の子らの健康と安全を願う気持ちを繋げ
コロナ感染症の収束と 平和を願わすにはいられません。


8月22日
行きつけの美容院でも、関係業界があらゆるイベント、セレモニー自粛のダメージ厳しく本格的な地域経済への影響はこれからと思うと。

8月22日
議員団に寄せられた80歳台男性の声です。
パーキンソン氏病で入院加療中の妻をコロナの影響で見舞うことができなくなった。

差し入れもできず、やむにやまれす退院させた。
同居の娘は介護施設で働いているが、もしコロナに感染したらどうなるのだろう…。

皆の不安に国はきちんと対策を示してほしい

8月22日
21日京都市上京区堀川商店街のコミュニティスペースで〜相模原障がい者殺傷事件を忘れない〜上京の小さなつどいが催されました。



来場者は記帳の後に献花しました。
何人にも人のいのちを奪う権利はありません。
一人ひとりの命が大切にされる社会をつくるために力を合わせましょう。

8月20日
関西広域連合議会全員協議会にて。
関西圏域における8月12日時点の新型コロナ感染症ステージ判断指標状況資料が示されたが何をしなけれはならないかの判断はどうなのか!

構成府県全体の感染経路不明者の割合51、8%だが基礎自治体毎、さらに地域単位の分析が必要です。

27日一般質問を予定しています!

8月20日
なぜ、PCR検査の拡充に踏み出さないのか

19日京都市会教育福祉委員会にて。
市新型コロナ感染情報をもとに議員団の分析で感染者の感染経路不明率は8月15日60%に達し市中感染の様相を呈していると指摘。
search and isolate対策を説く京大病院の提言を受け正式に協力要請すべきと質しました。

8月16日
15日夜京都市上京区出水ふれあい会館で学区役員も含め西院町内のゲストハウス計画について話し合われました。

私は民泊・簡易宿所問題の現状と課題についてお話ししました。

参加者から「ホントなら1ヶ所もないほうが有難い。これ以上困る」 木造住宅密集地に管理者不常駐の施設は認められません。

8月14日
沖縄県内、医療崩壊の危機です。
ウイルス対策に治外法権などあり得ません!

8月13日
世界遺産二条城の北側に位置する旧京都社会福祉会館の売却問題について
12日第一回事業者選定委員会が開かれた。
地元住民代表委員は事前の住民会合で集約した意見を発言。

建物のアスベスト調査、解体時の安全確保は当然、事業者に20年間の事業計画を求めながら譲渡規制期間10年は妥当か!

8月13日
国が言う科学的知見とはなにか?

被爆者をかくも踏みにじる暴挙はありません。
被爆者救済をこれ以上遅らせてはならない!

8月12日
私たちの声を聞いて

子どもたちの大切なエンゼルハウスを無くすなんて考えられません

8月10日
新型コロナ収束の道筋示さす
東京都医師会長が政府の話には 収束の目処、具体策がないと批判しましたが同感です。

これでは医療対策も行き当たりばったりになるではありませんか。

PCR検査の拡充を求めます
全国の大学研究機関の力を結集し いつでも、どこでも、何度でも 受けられる体制を!

8月10日
核兵器廃絶へ  継続は力やねぇ〜!
上京区聚楽学区榎本さん宅で毎年開催されている原爆展を訪ねました。


原爆投下の実相と運動の軌跡を伝えています。

この会場は新型コロナ感染症対策の手作りガウンを作成する工房としても大活躍しました。 キーワードは命ですね。

8月8日
首都圏でも地方でも徹底した検査体制の拡充を!

国立感染研の正確な情報発信を求めます〜!

臨時国会今すぐ開け
PCR検査の拡充を求めます
科学的知見に基づく政策判断を求めます。

8月7日
上京区役所にて…。
区長との懇談に訪れたところ商店主と出会わせた。
「介護保険料の減免申請にきた」と 仰る…。

「行事という行事がなくなり、仕事が消滅した…」 経済疲弊、生活困窮、市民生活の深刻な実態はこれから表面化する。
国の思い切った財源投入と自治体の本領発揮を求める…。

8月7日
視力に障害のある方からのご相談…。
今出川通りの電柱に巻かれている黒と黄色の幕について…なぜ北側は少ないのか?

北側の電柱の位置がジグザグになっているのに…。 なぜ車道側に向けて巻かれているのか?

歩行者にとっては歩道側の方でないと注意できない…。 ほんまやね…。
行政に相談中です

8月7日
いま、ゲストハウス
電話の先に切迫する住民の声…。
ゲストハウスの工事で近隣家屋に損傷を来した事業者に対して住民が家屋の修復と損害賠償を求めてきた。

事業者側が合意文書案を近隣住民宅にポストイン…。

ところが急遽、事業者の代理弁護士による合意事実なしとの内部証明…、 なにこれ?

8月6日
京都市洛北中学校と岩倉南小学校で感染症対策の取組みなどについて伺いました。

全員の手洗いに20分かかり… 理科の実験ができない実態があること。


教室の過密具合も目の当たりにしました。 先生もマスク着用での講義は大変な負担です。

少人数制学級の実現
学習指導要領の弾力化

8月4日
暮らしていけないと悲痛な声が寄せられています。

コロナ感染の収束なしに経済の回復も見込めません!

8月4日
コロナ関連の相談より。
子どもを通わせている保育園で感染者が発生。
子どもと同クラスの園児の検査結果が陽性なら休園となる。

困った…。仕事場に子どもを連れていけない。
仕事を休めば欠勤扱い‥とも。

入院中の子どもに付き添っている 母親は自宅に戻れず。
子育て支援は穴だらけと実感する。

8月4日
京都市でも検体採取の体制が鍵になると考えていました。

小学校区単位で取り組める方法が必要ですね!

8月4日
この分科会…京都市会で認識を質した際、市幹部は専門家の位置づけが高まったと答弁しました…。

ダメだこりゃ…と思った次第。
もともと専門家の意見をまともに聴く政府にあらず

8月3日
議員団に日雇い労働者は雇用調整助成金の対象にならず…コロナの影響で収入が減り苦しい、何か方法はないかと問い合わせがありました。

京都市担当局に確認し緊急小口資金貸付、総合支援金、住宅確保給付金の申請ができることを相談者に伝えました。どんなことも一人で悩まず連絡ください…

8月1日
京都市でも京都大学の協力を得てクラスター感染が発生した独立行政法人京都市立病院関係者のPCR検査が行われています。

複数学校関係者の感染拡大もあり各施設関係全体を対象とした大規模な検査が必要です。政府の無策ぶりは無責任すぎる!

8月1日
防疫のためのPCR等検査
日本共産党の志位委員長が政府に新型コロナの感染拡大抑止へ検査の抜本的拡充など緊急申し入れを行いました。

私は看護師出身議員として医療従事者が苦闘する一方、無症状者による感染を止める抜本対策に背を向ける政府の姿勢を批判。

7月31日
地域を歩けば…。
「持続化給付金で問いあわせるが的を得た答えが聞けない。委託ばかりしているからやないか…」 「昨日、一昨日と昼の売上ゼロ。店半分閉めて外で働こうか…」 「就職できない…。」 「豪雨被災地のこと思うと耐えなあかんけどコロナも災害や、いや政権の無策による人災かも…」