2021年、初出早朝宣伝より活動をスタートさせました [01月04日]



こくた恵二衆議院議員 井上さとし参議院議員 と宣伝しました。



【声明】11月市会を終えて [12月11日]
12月9日「市民税減免制度廃止」の撤回を! [12月09日]
2020年11月代表質問 平井良人議員 森田ゆみ子議員 [12月01日]
【申し入れ】新型コロナウイルス感染症対策及びコロナ禍から営業とくらし、雇用を守るための年末支援の緊急申し入れ [11月30日]

日本共産党京都市会議員団は、京都市に対して下記の申し入れを行いました。当局からは、三科危機管理監が対応しました。

【声明】 市民税独自減免制度廃止の可決について [11月26日]
平井良人議員、森田ゆみ子議員の代表質問の傍聴を! [11月26日]
緊急小口資金などのコロナ特例に関するHOTニュースを発行しました。 [11月25日]
市民税の減免は、廃止しないで!早朝宣伝の動画を公開 [11月24日]
地球温暖化対策条例の改正案についての懇談会へご参加を! [11月24日]
今後5年間の「京都市基本計画」にご意見を! [11月20日]
地球温暖化対策条例の改正案へご意見を! [11月20日]
行市民税の減免廃止を許さない![11月13日]
行財政審議会は中止を!加藤議員の訴え(動画) [11月04日]
9月市会 終了本会議の討論動画を公開 [11月02日]


 Topics2020年バックナンバー
 Topics2019年バックナンバー



MBSミント yahooニュースより
京都市内に急増する簡易宿所。
MBSミント「真相R」で京都市内で急増する簡易宿所問題が取り上げられました。

2018-9月 簡易宿所に関連して
6日 議員団で調査を行っています。
「民泊」実態調査に取組みました。京都のまちは明らかに変容し市民生活への悪影響と文化的損失は看過できない状況

「議会と自治体 第238号」に掲載 PDFで紹介
 くらた記事「暮らしの安心と宿泊者の安全の確保をめざして」

2018年度京都市政報告・予算要求懇談会を実施2月23日

以前の民泊関連記事 >>>


     >>>
 


     >>>


Topics2018年バックナンバー
Topics2017年バックナンバー
 及び 二条城東側空間整備基本計画関連記事

Topics2016年バックナンバー
Topics2015年バックナンバー

トピックス2013年 トピックス2012年 トピックス2011年 トピックス2010年 トピックス2009年 トピックス2008年 トピックス2007年 トピックス2006年以前

      

 
 
   
ご意見・ご要望・ご感想等 お寄せください
 
https://www.jcp.or.jp/supporter/
「JCPサポーター」会員登録が開始。日本共産党をバッチリ応援したい人も、チョッピリ応援したい人も気軽に登録でき自由に関わっていただけます。
2010年1月〜8月までのメールマガジンを掲載 。
メルマガ集の小冊子を発行
Copyright(c)2006  t-kurata-office  All Right Reserved
上京区選出 京都市会議員 くらた共子 事務所

上京区千本出水通り下ル十四軒町393-2 TEL 813-2117
  

1月10日
ご案内です。青年たちが取り組む活動に私も生活相談員として参加します。 「米、高くて買えない。麺類で我慢している‥」 青年、学生の逼迫した実態に 若い人、困っている人をサポートしようと様々な申し出が寄せられています。

この助け合いの輪を政治を変えるエネルギーに結ぼう

1月9日
関西広域連合議会、総務常任委員会では、私が無症状、自覚できていない方の中にある感染者を特定する必要性の認識を問いかけたところ、「犯人探しのようなことをすれば、差別を生む」などと質問趣旨をねじ曲げた酷い答弁もありました。

本来は国の責任で社会的検査を行うべきことは自明です

1月9日
関西広域連合議会第38回総務常任委員会・全員協議会にて。

令和3年度主要事業(案)調査で 「広域医療」についてベッドと人的体制拡充が必要と求め大阪コロナ重症センター人員派遣実績資料を請求しました。

コロナ関連報告について社会的検査必須、国が全額負担すべきと質しました(国・自治体50%現在)

1月9日
保育園のお迎えタイム〜 門庭の賑やかな風景と、計画されているゲストハウスが一体化するほどの至近距離であることを実感しました。

住環境を守る住民運動は年越しとなりました。

日本共産党京都市会議員団は 宿泊施設は規模に関わらず管理者常駐、住民合意の義務付けを求めています。

1月9日
ぜひ、ご覧ください。


1月7日
菅首相からGOTO中止判断の遅れに対する反省の弁はなし。

感染爆発を止めるために戦略的なPCR検査が必要ですが言及せず。

京都でも感染者の「入院等調整中」の方が500人を超え、自宅療養者らから不安の声が寄せられている。

1月7日
日本共産党京都市会議員団は 7200人参加予定の 成人式は延期するよう 市に申し入れました。

市は万全の感染対策をとり参加者に式典後の飲食を控えるよう注意するとしていますが新成人や関係者、市民の感染リスクを回避し新成人が安心して集える時期を見定めるべきです。必要な経済補償も求めました。

1月6日
持続可能な西陣織産地づくりを目指して〜2021(令和3年)新年総会 西陣織産地永年勤続優良従業員表彰式にて。

舞鶴一雄理事長の挨拶より 産地崩壊を懸念した昨年、今も受注前年比5割の組合員が多数。

外注先の出機の仕事激減が続けば生産体制が壊れる。産地一丸となり持続可能な産地づくりに邁進する。

1月5日
2021年初登庁
こくた恵二衆議院議員 井上さとし参議院議員 と宣伝しました。

議員団室では両議員の 挨拶をうけ、こぶ茶で政治刷新の 決意を固めあいました。
日本共産党の前進なしに 野党連立政権は成さない。

この京都から 8時間働けばふつうに暮らせる 政治にしよう

1月4日
次男がお友達を連れて食事に寄ってくれました。夫と長男はそれぞれの予定で不在だったのが残念でしたが、とても楽しい一時でした。

さ、明日は初登庁
恒例の市役所前宣伝の予定です。



1月2日
初春宣伝を終えて‥北野天満宮前
こくた恵二衆議院議員 日本共産党国会対策委員長 と挨拶

はるばる遠方から訴えを聞きに来てくださった方もあり感激です。

コロナ対策の迷走、 ここに国民のいのち、暮らしより 財界主導の政治矛盾が明らかです。

ウソのない政治へ、 オール野党で政権交代を 実現しましょう

1月1日
お正月をいかがお過ごしでしょうか。
今朝、上京区出水学区新年会に出席し一言挨拶させていただきました。

COVID-19は未知のウイルスで 十分な警戒が必要です。
公衆衛生の再構築へ行政の在り方を変える必要があります。
感染症対策を万全にとり 準備されたみなさん お疲れさまでした。



12月31日
東京コロナ感染者、重症者の 更なる増加 兵庫県も過去最高に。

京都府と大阪市は現在未発表。
医療現場の逼迫必至。
官邸は動かないのか

12月31日
歳末助け合いのお取り組み ご苦労様です。



こくた恵二衆議院議員と北野商店街カフェあずまさんでの催しを激励し近くのフードプールの店主らと言葉を交わしました。

北野も不況にコロナ、後継者不在の苦境の波が押し寄せています。
「持続化給付金一回だけではあかん ‥」
「馴染みの店守って‥」
の声
12月29日
まちの声です‥。
「忘年会の予約ゼロ!」
「本当に参る‥コロナまだ続くのかな‥」飲食店主の苦悩が滲みます。
「安倍さん、辞めないの!」 「菅さんもね‥期待できないね、野党がしっかり頑張らないとね、頼むよ」

12月25日
仕舞い天神にて。
日本共産党北地区委員長と 二人で訴えました。

「桜」前夜祭安倍前首相の不起訴 納得できますか 国会での虚偽答弁を擁護補佐してきた菅首相の責任も重大です。

私は森友答弁によって自死した近畿財務局職員の無念を忘れません。

来年こそ自公政治を変えて 希望持てる年にしよう


12月25日
京都市は保育の実施義務を果たさねばなりません
「12名の第一希望者全員の入所を受け入れるべきです」 保育を必要とする子どもの実態に背を向けてはならないことを市長に進言すべきと幼保総合支援室長に求めました。

12月24日
京都市敬老乗車証の値上げ
市会教育福祉委員会質疑にて 市が対象年齢を70歳から75歳からに、一部負担金(3000円から15000円)を2倍弱値上げるなどの検討との報道あるが、 これは事実かと追及したところ 理事者は「決まったことではない。歳出方針をみて検討する。来年度の予算化は困難」と答弁。



12月21日
雇用アンケート  日本共産党京都市会議員団
西陣ハローワーク前で聴きとらせていただきました。

コロナの影響でデイサービス送迎の仕事がなくなった。
家族4人の生活を守るため頑張らねば‥と70歳。

雇用主の方からは 制度が使いにくい!
従業員の試用期間が雇用期間にならず、制度改善を!

12月20日
地域を歩く中ソーシャルワーカーの仕事を通じて依存症の方々の支援に携わっておられる方からお話を伺いました。

「精神的に追い詰められる方が増えている。ネット依存など子どもの頃からの教育が必要です」 薬物依存の入り口が喫煙であるとして学校教育に取り入れられているが実態にあっていない。

12月18日
からくり時計が止まった京都こども文化会館
わずか40年足らずで閉館、なんで?

子どもが創造し育つための事業を止めるの? 子どもがいる限り 子どものための文化施設は 必要です。
子どもが泣いている。 おとなも泣き、このまちも‥。

私は諦めません。 再び、からくり時計を動かすことを

12月17日
やっと35人学級の調整へ。
コロナ感染による学級閉鎖が続いています。
感染対策からも子どもたちの安全を守る環境とする必要があります。

先生の数を増やして学級を増やしましょう。学校統合は見直すべきと思います!


12月15日
お〜さぶっ。底冷えした京の朝〜。
千本今出川通交差点にて。

go toトラベル停止も28日からでは感染防止になりません。 徹底した感染拡大防止、 経済影響受ける事業所への直接支援を求めます。

今こそ7兆円の国庫予備費を出動する時です 沢山の激励ありがとうございます。 みんな身体を温めてね。

12月14日
Go toトラブルと 言わなければなりません。
Go toトラベル全国一斉停止 もっと早期に判断する必要があった。
しかも28日からでは医療崩壊を進めてしまう。

7兆円の国庫予備費で休業補償を求めます。
感染者を減らすことが最大の経済対策です。


12月13日
上京区中立学区内の各地で宣伝し たくさんの激励をいただきました。

真新しいハンドマイクで こくた恵二衆議院議員の生声を 効果的に流しながら、所々で訴えました。

何より命と生業を守ること。 桜見る会前夜祭の究明 学術会議への人事介入を止め るため野党共闘を前進させましょう。
12月12日
師走の京 地域を歩けば‥
小売店を訪ねると おかみさん 「店開けて、閉じるだけや‥それでも閉じてしもたら、この通りが暗なるしなぁ」
わたし 「ほんまに、開けてくれはることがありがたいと思てます。通らはる人もホッとしはるし」 感染を抑える、そのための政策を国民は求めています!