「市政資料 2021」を作成しました [02月15日]
お困りごとアンケートにご協力ください! [02月15日]
施策の改悪で一層の市民負担を押し付けることは許さない! [02月15日]
2021年度予算要望に対する回答 [02月15日]
【市政報告】2月市会が始まります! [01月31日]
ひとり親世帯 臨時特別給付金の 再支給が行われています! [01月30日]
京都府 緊急事態措置協力金の 支給申請が始まります! [01月30日]
コロナ感染症対策・支援策 活用できる制度 (1月28日更新)[01月26日]
今、使える生活支援制度、事業者支援制度を紹介 [01月18日]
新型コロナウイルス感染症対策についての緊急申し入れ [01月18日]
「持続化給付金」「家賃支援給付金」の申請期限が延長されました [01月16日]
【 声明】 自己責任の押し付けと福祉切り捨ての「行財政改革」は許せない 〜「今後の行財政改革の視点及び主な改革事項」について〜を発表 [01月14日]
行財政審議会に反対する府市民総行動・山田議員の訴え [01月13日]

2021年、初出早朝宣伝より活動をスタートさせました [01月04日]




 Topics2020年バックナンバー
 Topics2019年バックナンバー




MBSミント yahooニュースより
京都市内に急増する簡易宿所。
MBSミント「真相R」で京都市内で急増する簡易宿所問題が取り上げられました。

2018-9月 簡易宿所に関連して
6日 議員団で調査を行っています。
「民泊」実態調査に取組みました。京都のまちは明らかに変容し市民生活への悪影響と文化的損失は看過できない状況

「議会と自治体 第238号」に掲載 PDFで紹介
 くらた記事「暮らしの安心と宿泊者の安全の確保をめざして」

2018年度京都市政報告・予算要求懇談会を実施2月23日

以前の民泊関連記事 >>>


     >>>
 


     >>>


Topics2018年バックナンバー
Topics2017年バックナンバー
 及び 二条城東側空間整備基本計画関連記事

Topics2016年バックナンバー
Topics2015年バックナンバー

トピックス2013年 トピックス2012年 トピックス2011年 トピックス2010年 トピックス2009年 トピックス2008年 トピックス2007年 トピックス2006年以前

      

 
 
   
ご意見・ご要望・ご感想等 お寄せください
 
https://www.jcp.or.jp/supporter/
「JCPサポーター」会員登録が開始。日本共産党をバッチリ応援したい人も、チョッピリ応援したい人も気軽に登録でき自由に関わっていただけます。
2010年1月〜8月までのメールマガジンを掲載 。
メルマガ集の小冊子を発行
Copyright(c)2006  t-kurata-office  All Right Reserved
上京区選出 京都市会議員 くらた共子 事務所

上京区千本出水通り下ル十四軒町393-2 TEL 813-2117
  

2月13日
関西広域連合議会全員協議会。
令和3年度予算概要と広域救急医療連携計画の変更等の報告より。

「公立病院再編・統合について議論の土台自体を改めて検討し直すよう求める必要があり全国知事会とも連携しながら国への提言を行う〜」等の文言が挿入された 共産党の成宮議員質問趣旨が反映。

2月13日
あなたらしさとジェンダー

ぜひ、ご参加ください

2月13日
京都市聚楽保育所はいま

京都市の市営保育所の民間移管方針に端を発する。
民間移管が破綻したいまなぜ、子どもの入所を拒むのか子どもの育つ権利に関わる問題です!

2月11日
山根議員、多忙な中での収録作業と発信ご苦労様です。
保健所機能を各行政区に戻すべき
京都市政問題についてコメント


みなさんのご意見やご要望を、お寄せください。
予算議会に反映させたいと思います

山根議員とユーチュブ

2月11日
誰もが社会の一員です。
自分の言葉で 発言したり表現できる社会が 世界の潮流です。

2月9日
しんぶん赤旗 ぜひ、一度お読みください。
くらしや営業生き方に行き詰まりを感じることは誰にでもあり得ます。

そんな瞬間や日々の営みはすべて政治と繋がっています。 真実を報道し社会の変革を一緒に考える新聞です。

2月7日
京都労演2月例会 劇団民藝公演「熊楠の家」
3時開演‥ワクワクします。

開演前にツイッターできる時間が得られたのも久しぶり‥。

劇団民藝公演「熊楠の家」 素晴らしかった〜
喝采南方熊楠は粘菌の研究者として 自然を破壊する愚行と闘った。

この思想は現在のウイルス対策に繋がっている。

粘菌の解明と仏教的理論を重ね 心に病を抱える息子を理解しようとする人間としての葛藤に心を揺さぶられました。
コロナ禍に観劇やスポーツは不要不急かと問われたら私は「必要です」と答えます。

私の内面を涵養し人を思う優しさを私の中に創りだしてくれるから‥。

2月7日
民主府政の会 オンライン連続講座より〜
医療と自治体行政の現場の実態告発から府民の命を守るために自ら行動し国に対してはっきりモノを言う自治体でなければ ならないと確信します。

コロナ感染拡大防止 ・社会的検査と休業補償医療機関の減収補填 情報開示を求めます。

2月5日
高齢者施設での新規入所者に限定したPCR検査は京都市がモデル事業として検討してきた範囲です。

その間にクラスター感染が発生していますね。
一歩前進だけど求められる水準には追い付いていきません‥!

2月5日
そもそも、開催ありきのゴリ押しなど通用しませんね。

コロナ禍のアスリートの人権を守る視点も欠如していると思います

2月4日
本当に、もう‥終わってる‥。
大臣はもとより、政権としてもけじめをつけて頂かないと。


2月4日
仕事や生活の歯車が狂い困窮したのは貴方の責任じゃない補償とセットでメッセージを発信してほしい。

2月4日
日本社会に沈殿する異常な感覚だと思います。
このような発言を行う方が国会議員である限りジェンダー平等は実現できない
2月3日
3日、上京区の住民よりゲストハウス計画に対する陳情書が提出されました。
みなさんの暮らしの声をどんどん、お寄せ下さい。

2月3日
四条烏丸にて〜
京都社会保障推進協議会のみなさんと宣伝しyellを交換
コロナ禍で医療現場は懸命にやっています。 しかし国は未だ減収補填もしていません。

看護師がもう働きつづけられないと泣きながら現場を立ち去るストップ保健・医療・福祉改悪あなたの協力をお願いします。なぜか

2月2日
鬼、笑う社会を変えよう〜!
定例の朝宣伝を終えて。

「自民党の国会議員、なぜ辞職しない!」虚偽説明の責任も問われます。
「シフトに入れず、食べられない」苦しむ国民がある一方、コロナ禍に巨万の富を得る資産家。
誰のための政治を行うのかこの選択が争点です。
政治を変えて春を呼ぼう!



1月31日
コロナ禍のもと お困りごとはありませんか
と伺うと電話の向こうから 「今のところは‥しかしコロナに感染した時、具合が悪くても入院できないようでは困る!
私も血圧を下げる薬が欠かせない‥」の返答など。

検査、保護、治療 コロナ封じ込めの三原則と公的医療機関に入院を重点化すべき
と思う

1月31日
こんな女性の働かされ方 許せないね
パーソナルトレーナーとして小規模なフイットネスクラブで活躍している方

「コロナの影響を理由に私たちの仕事が指名客の担当だけに絞られることになった。常勤職員の男性トレーナーは保障されるが私達の仕事が評価されず納得できない」の声。当然です。

1月30日
新型コロナワクチン
様々な質問が寄せられます。
一番の関心は安全性について。 当然ですね。

国はオリ-パラ開催ありきで進めていますがとんでもありません。

ワクチンの安全性確保の手続きは絶対必要です。
私は自治体の責任も問われると 27日市会で指摘しました。

1月29日
問い合わせ続出
京都市は介護施設などのPCR検査を取り組んでいるの
宇治市の介護施設職員の検査をやるんでしょう

重症化しやすい高齢者やケアする職員の中に感染者が出たら全員の検査するのは当たり前じゃないの

1月28日
私のもとに、クラブ活動に対するご意見が届けられていました。

家庭内感染の急増、感染経路不明率が上昇するもとで感染防止を徹底する必要があります。

1月28日
私はこの1年間 アスベストを掃いていたの?
あるマンションの アスベスト疑惑に対する相談が寄せられています。

相談者は京都市に 所有者への指導を求めておられます。
アスベスト有無の検査と 安全対策がとられるよう支援したいと思います

1月27日
感染経路を特定することは必要です。

しかし、同時に感染拡大防止策をとり現場体制を確保するためにも入居者と施設職員全員の検査を速やかに行う必要があります

介護継続と感染対策に懸命に取り組む現場を理解せよと言いたいです。市長は体制強化を

1月24日
感染症対策どうなってるの
外出を控えていた みなさんとの短時間学習会で 様々な質問や意見、地域的な要望も出されギュッと充実した時間

久しぶりに話を聴けて良かった〜と感想を頂き嬉しいです。

医療逼迫の実態、社会的検査の必要性を共有することが大事と思います。

1月22日
例えば京都の場合 成人式を開催した後に コロナ専用病床占有率 実は82、7%だった‥と公表

京都市消防局資料で成人式開催日の救急搬送困難症例は約100件
医療逼迫の実態は明らかです。

東京五輪などムリ何をおいても感染症対策ですよね

1月21日
フリースポーツインストラクターもコロナ禍でのフィットネスクラブの時短営業の影響を受けています。

そもそも努力を正当に評価し安心して経験を蓄積していける働き方が保障される必要があると思います。

エッセンシャルワーカー同様やりがい搾取とならない処遇改善が必要です。

1月21日
介護施設より悲鳴 入所者、職員にコロナ感染 クラスタ―発生

厚生労働省は高齢者施設等での感染拡大防止としてPCR検査の対象を広く捉えるよう再徹底通知を出している(20201224)。

ところが京都市は従来からの基準で濃厚接触者を特定し検査対象を絞っている。
検査が追いつかないからなのか!?

1月20日
新型コロナによる医療崩壊 クラスター感染が起こった 介護施設の入所者が 要介護高齢者で重症化の高リスクであるにも関わらす 施設に留められている。

感染症対策と日常ケアに奔走する現場の苦悩は必至。
保健所職員が張り付いて支援すべきだが体制不足で非力な状況。

これでいいのか厚労省!

1月19日
何でも気軽にご相談くださいね。

直近では、家庭ゴミ収集場所の管理について‥や 同性パートナーを持つ方からの相談もお寄せいただきました。


1月19日
感染症対策に一番必要なのは力を合わせましょう〜協力をお願いします〜というスタンスです。ベナルティ強化して感染源が特定できたり無くなる訳ではありませんね!

もちろん、ここに紹介していないことでも、何でも気軽にご相談くださいね。 直近では、家庭ゴミ収集場所の管理について‥や 同性パートナーを持つ方からの相談もお寄せいただきました。




こども文化会館の再開を求めて

1月17日
学生のみなさん、お困りの方々への食料支援プロジェクト〜 ご苦労様です。



民青同盟のみなさんらが とことん話し合って 準備してこられました。 貴方の学び、くらし 諦めないで

1月17日
関西広域連合議会 第25回産業環境常任委員会。
会場は大阪府議会第一委員会室です。

大阪府では看護学校の補助金カットや公立病院の廃止など、これまで崩してきた府民生活と経済の土台をいかにして再構築していくかが問われていると思います。

京都市も看護短大を廃止し市立病院を独法化してきました。
1月15日
財政悪化の原因は京都市の失政にあります。

それなのに、相変わらす開発型の大型公共事業を温存しながら失政のツケを市民に押し付けるなど間違っています。

1月14日
コロナ感染し高熱など症状があっても入院できないのはなぜか、本人は当初より隔離してほしいと求めていた。

二人の高齢者との同居であり当然の願い。ベッドコントロールの問題なのか、しかし感染防御判断はどうなのかと疑問が沸騰する。

政府と自治体は感染源を減らす原則に基づく対策をとるぺきです。