橋下徹大阪市長の「慰安婦」発言に抗議し、撤回と謝罪を求める決議が全会派一致で可決  2013/05/28


 本日の京都市議会・閉会本会議で、橋下徹大阪市長の「慰安婦」発言に抗議し、撤回と謝罪を求める決議が全会派一致で可決されました。
反対したのは、無所属議員の1人です。

 可決された決議の全文は、次のとおりです。

橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議

 去る5月13日に、日本維新の会共同代表・橋下徹大阪市長は、「第二次世界大戦当時は慰安婦制度が必要だった」との発言をした。
 この発言は、米軍幹部に対する発言も含めて、女性をはじめ多くの人々の人格を否定し、人権を侵害するものである。
 よって京都市会は、橋下徹大阪市長に強く抗議し、そのような発言の撤回と謝罪を求める。
 以上、決議する。


 私は、人間の尊厳を貶める維新の会共同代表・橋本徹大阪市長の発言は
許さないという世論の力が、ここに示されていると考えます。

               2013,5,28  くらた共子

 橋下発言や、これを擁護する発言は許しません


橋下徹大阪市長、維新の会共同代表の「慰安婦は必要」「風俗業を活用」発言は許されません。
5月15日、日本共産党の京都府下50人の女性議員は、橋下徹大阪市長の妄言の撤回と謝罪、辞職を求める抗議声明を発表し、府庁内で記者会見を行いました。

私は、記者会見の場で、「この問題対する地域住民の反応が大きい。
背景にある改憲への危機感もある。
私達の行動が多くの国民の行動提起となることを望む」とコメントしました。


【抗議声明】2013年5月15日

政治家としての資格も資質もありません
〜維新の会橋下徹大阪市長の妄言の撤回と謝罪、辞職を求めます〜
          日本共産党府内女性議員一同

                 内容 PDF


「橋下代表の暴言は許せない」 烏丸御池で緊急抗議宣伝